タバタ式トレーニングは、1日4分体を動かすだけで痩せることができるダイエット方法です。一つの運動を20秒連続で行い10秒休む計30秒の動作がワンセットととなり、その動作を8セット(計240秒)繰り返します。動作は筋肉を動かすものなら何をしてもOK。運動をして休憩をするというワンセットで無酸素運動と有酸素運動を行うことができるのが魅力で、ただ食べる量を減らして痩せるとかではなく、運動不足を解消しながら筋力をつけ健康的にダイエットができる方法です。

短い時間で運動不足の解消と代謝アップで脂肪燃焼にも効果的

タバタ式トレーニングの魅力はなんといっても1日4分という短い時間でできることです。忙しくてジムに通えない人、ダイエットをしたいけどなかなか習慣化されないと悩む人にも、手軽にできてしまうことが最大のメリットです。今、自分が絞りたい部分を動かす動作を20秒行い10秒休む、これをたった8セット繰り返すだけで、なんとスマートフォンのアプリでタバタ式トレーニング用のタイマーも出ているので、場所さえあればどこでもできてしまいます。そして、酸素を体に取り込むことで脂肪燃焼効果をアップさせる有酸素運動と、基礎代謝や筋力をアップさせる無酸素運動を同時に行えるので、有酸素運動をやってから無酸素運動といった長時間のトレーニングをしなくて済むことので、忙しい人にもおすすめなトレーニングです。

痩せるのではなく自分を成長させるダイエット

タバタ式トレーニングは有酸素運動と無酸素運動を同時に行えるので、痩せる目的のダイエットにも最適ですが同時に体を鍛えることもできます。なので、とても健康的なダイエットであり、体を絞りながら筋力をあげ基礎代謝を向上させることができるので、習慣化されてくると体力もついてきます。この体力がつくというところが成功のポイントで、日常生活でも疲れにくくなり、1日を有意義に過ごすことができるようになります。そして、1週間も経ってくると、トレーニングをやらないこと自体に違和感を感じるようになってきます。そうなれば、もう習慣化されたも同然です。1日をスキッリとした気持ちで終えられるよう、どこかで4分、体を動かし自分を成長させる時間を作って、健康的に体を絞り元気な体を作っていくことができました。

はじめの1週間が勝負!まずは続けて習慣化しよう

タバタ式トレーニングをはじめてやると、3〜4回目で息が上がってしまい途中で辞めてしまうこともあるでしょう。はじめから8セット続けるのは大変かもしれませんが、少しづつで良いのでセットを増やして行ってみてください。私は、初日に3セット目で息が上がってしまったものの翌日は疲労度が前日より少ない状態でまた3セット続けられ、翌々日には4セットできるようになりました。こうして、少しづつ持久力がついていることを実感しながら自分を成長させる気持ちで取り組むことが良いでしょう。勝負は、はじめの1週間です。続けていれば、確実にセット数が増え持久力がつき、体は絞られてくるでしょう。継続は力なりという言葉がありますが、まさにタバタ式トレーニングはそうした言葉がぴったりなダイエット方法です。